大野えつし展

【タイトル】B   【サイズ】高さ 112㎝ x 横 145.5㎝ x 奥行 26.5㎝

会期

2017年3月30日(木)~4月8日(土) 10:00~18:00(会期中無休)

作家来廊

4日(土)・5日(日)を予定(都合により変更の場合あり)

展示内容

大作を中心に、F80号~F8号の作品計8点を展示予定

この度、「 大野えつし 展」を開催致します。
三角コーンに描かれた有名人のアート。真正面から見ればそのまま写実的に私たちの目に映り、しかし角度を変えると、シュールな作品へと変貌します。
いろいろな角度から一つの作品を楽しむことが出来、「正面から作品を見る」という概念をくつがえす半立体作品の数々。
この機会にぜひご高覧下さいませ。


作家より展覧会へ向けて

三角コーンを使った作品の展示をさせて頂く事になり、大変、光栄に思っております。 たくさんの方々に、今迄にない絵画の見え方を感じて頂ければ幸いです。
今回は誰もが知っている有名人の顔を三角コーンに描いています。
主に歌手シリーズでは、その人のレコードジャケットと共に表現しています。


日頃の制作のモチーフやコンセプト

私は普段、モノクロの風景や静物画を平面(キャンバス)に描いています。
しかし最近は、絵が必ずしも二次元の平面である必要はないのではと思い、立体物に、二次元を表現する事を楽しんでいます。
立体に描かれた二次元の絵も、いろいろな角度によって、立体作品のように、いろいろな見え方をするのでおもしろいです。

大野えつし

Profile

【プロフィール】
大阪府堺市出身
現在、大阪市在住

 子供の頃から絵を描く事が好きで、現在、商業施設や店舗、博物館など多方面にわたり、壁画、看板などを描く仕事をしながら、独学で絵を描き続けています。
【個展・グループ展】
1986年 『いつまでもあると思うな2人展 』/画廊 みやざき(大阪)
1987年 『京都アンデパンダン展 』/京都市美術館
1992年 『スーパーリアリズム2人展 』MOMA(大阪)
1994年 『ABENO SOHO OHNO NO,0 EXHIBITION』 ギャラリー1(大阪)
2005年 『Back to 80’s』 ギャラリー&カフェ めぶき(大阪)
2006年 『大野えつし展』 ギャラリー 嵯峨野湯(京都)
2013年 『氏家保典 大野悦司 二人展』 SOHO ART GALLERY(大阪)
2014年 『TRANSNATIONAL ART 2014』
     江之子島文化芸術創造センター(大阪)
2015年 『不定形は冒険だ!』 SOHO ART GALLERY(大阪)
2016年 『TRANSNATIONAL ART 2016』
     江之子島文化芸術創造センター(大阪)
     『第45回 現代芸術国際AU展』 兵庫県立美術館

     その他個展・グループ展多数
【受賞歴】
1985年 第6回 日本グラフィック展 準入選
1987年 第40回 芦屋市展 入選
1994年 第5回 堺東「UPルアート工房作品展」 入選
1994年 第5回 リキテックスビエンナーレ 入選
2016年 第45回 現代芸術国際AU展 Salon de Cuisine TIVOLI賞